ワイマックスを契約する前に料金・キャンペーンを比較しよう!

WiMAX(ワイマックス)とは?

 

WiMAX(ワイマックス)を契約する前に料金・キャンペーンを比較しよう!

 

WiMAX(ワイマックス)とは無線技術を利用したインターネット接続サービスです。都心では外出先での利用を目的に、地方では光ファイバーや電話線の代わりのインフラとして利用されています。KDDIグループのUQコミュニケーションズが国内大手であり、「UQ WiMAX(ユーキュー ワイマックス)」の名称でサービス提供しています。最大下り速度220Mbps(メガビット)の高速通信が可能で、動画視聴やゲームなどの大容量ファイルの利用も可能となっています。

 

「UQ WiMAX」を例にサービスメニューを見ていきましょう。月間データ量の制限無しの「UQ Flatツープラス ギガ放題」、月間7GB(ギガバイト)まで利用可能な「UQ Flatツープラス」が選択可能です。動画視聴やゲームなどでは大量のパケット通信が行われますので、そういった方は「UQ Flatツープラス ギガ放題」がお勧めです。ご自信のデータ量がわかならない方は、契約から数ヶ月間の体感期間を活用してみるのも良いかもしれません。

 

auスマホやauケータイの利用料金の割引メニューもあります。これらの契約をされている方は、対象サービスであるかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

つづいて、WiMAXのサービスを楽しむための製品を紹介します。WiMAXは直接パソコンなどで接続することはできないので、WiMAX製品を準備する必要があります。種類は大きく分けて3つあります。

 

1つ目はホームルータと呼ばれる家庭の設置するルータです。パソコンなどのインターネット端末とはEthernet(有線LAN)、WiFi(無線LAN)を使い接続することができます。最大同時端末数が多く、WiMAXをご自宅で利用されるには、ホームルータを選択しましょう。

 

2つ目はモバイルルータです。持ち運びができるルータなので、ご自宅だけでなく外出先でも利用が可能です。端末とはWiFiでの接続となりますので、パソコンなどの利用端末の仕様を確認しましょう。

 

3つ目はデータ通信カードです。USBタイプでパソコンに挿して利用します。モバイルルータと比較して場所をとらず、WiMAXの利用がパソコンに限定されているのであれば、こちらを選択しましょう。同時に複数台のパソコンでは利用できませんので、共用したい場合はモバイルルータを準備する必要があります。

 

WiMAXは無線技術なので、工事が不要なのが特徴です。気軽にインターネット接続をしたい方にお勧めです。ただし、建物の中には電波が通りにくいので、事前にサービスエリアの確認や、利用場所の想定をしてから契約することを推奨します。

 

 

ワイマックスの特徴

 

外出中でもほぼ全ての場所でインターネットを使えるモバイル通信なので、
WiMAX(ワイマックス)には、以下のような特徴があります。

 

ワイマックスの特徴は、以下のような感じです。

  • 配線工事不要!外でも電車の中でも使える!
  • 動画やゲームもストレス無く使える!
  • スマホよりも電池が長持ち!
  • 通信費も固定回線より安い!

 

特に高画質動画や重いデータをやり取りする必要が無い方は、
WiMAXがひとつあれば十分インターネットを楽しむことができます。

 

 

どのWiMAXがお得なの???

 

WiMAX(ワイマックス)には色々な種類がありますが、
回線自体は、UQUQコミュニケーションズが提供しているネットワーク網を、他社が借りている状態で、
サービス名は違えど、実質は同じ商品ということになります。

 

なので、どの会社もほとんど同じようなサービス内容なので、どのワイマックスを選べばよいか悩んでしまう人も多いでしょう。

 

実際、ワイマックスの場合、10社以上、調査して比較してみたのですが、各社、料金体系はほとんど変わりません。。。

 

月額料金、初期費用、解約金、などなど、ほとんど大差が無いので、ムダに高いワイマックスさえ選ばなければどの会社でも良いかと思います。

 

>>WiMAX主要6社を比較してみた結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WiMAX(ワイマックス)を契約する前に料金・キャンペーンを比較しよう!記事一覧

WiMAX(ワイマックス)主要6社の料金や初期費用、解除料などを比較してみました。あまり各社、大差ないので細かいことを気にしない方はどこでも良いかなと思います。特におすすめするのであれば、◆2年以上使うだろう、という方はBroadWiMAX(ブロードワイマックス)初期費用がかかるので、すぐに解約してしまう場合はムダですが、月額費用が最も安く、2年後の月額費用もダントツに安いため、長期で利用する方向...