フレッツ光とauひかりを徹底比較

フレッツ光 VS auひかり 徹底比較!

結論から言うと、
・速度は、フレッツ光もauひかりも同じ
・料金は、西日本の場合、フレッツ光がちょっと安い。キャッシュバックも考慮すると、トータルはauひかりのほうが安い。
 ※一見するとフレッツ光のほうが安いが実際は違う。※プロバイダ料金など色々と追加がある。
 ※au携帯ユーザーは間違いなくauひかり。

 

ただし、auは提供エリアが限られている。※特にマンションタイプ
その場合は、フレッツ光しか使えないので、諦めるしかない。。。
 ※エリアは、代理店に聞いてみないと分からない。

 

↑が、このページの結論となります。
以下、もう少し細かく説明しますが、

 

注意すべきは、フレッツ光は総額表示ではないので気をつけてくださいね!ってことですかね。
※プロバイダ料金や、機器使用料金が含まれていないのです。。。

 

フレッツ光とauひかりの料金比較(ファミリータイプ)

 

ファミリータイプ

ファミリータイプとは、一戸建てや、2階以下のアパートなどが対象となります。
また、マンションタイプが導入されていないマンションも、こちらのファミリータイプとなります。

 

 

auひかり フレッツ光(西日本) フレッツ光(東日本)
月額5100円

 

プロバイダ、レンタル機器込み
ずっとギガ得プラン(3年契約)
auスマートバリュー使用時は、電話代込み-500円

月額5050円〜

 

フレッツ光ネクスト4300円
プロバイダQit500円
機器レンタル250円

月額5350円〜

 

フレッツ光ネクスト4600円
プロバイダQit500円
機器レンタル250円

 

 

料金だけで見ると、
フレッツ光を申し込む場合は、格安プロバイダQitだと毎月500円がダンゼン安くてお得です。
有名なOCNやYahooBBの場合は毎月1100円するので、西日本の場合は5650円となって高くなってしまいます。
特にこだわりが無ければ、値段重視で、プロバイダはQitで良いかと思います。

 

auユーザーの場合は、ひかり電話の追加プラン(プラス500円)になりますが、携帯代金が毎月最低でも934円引きとなりますので、トータル約500円引きで、実質、月額4600円ほどとなり、かなり安くなるのでおすすめですね。
家族がいれば、それぞれが最低934円引き(最大2000円引き)となるので、かなりお得です。
ギガ得プラン(2年契約)の場合は、5200円。

 

フレッツ光とauひかりの料金比較(マンションタイプ)

 

マンションタイプ

マンションタイプとは、4戸以上のマンションで、マンション全体で契約している場合のプランです。
大家さんや管理会社に確認すると分かりますが、マンションタイプを契約していない場合は、
ファミリータイプでの申込となります。

 

 

auひかり フレッツ光(西日本) フレッツ光(東日本)
月額3800円

 

プロバイダ、レンタル機器込み

月額3600円〜4700円

 

フレッツ光ネクスト2850〜3950円 ※マンション規模によります

 

プロバイダQit500円
機器レンタル250円

月額3700円〜4700円

 

フレッツ光ネクスト2950〜3950円 ※マンション規模によります

 

プロバイダQit500円
機器レンタル250円

 

上の計算も、格安プロバイダQitを使った場合です。プロバイダとしてOCNやYahooを使った場合は、
プラス600円ほど高くなるのでご注意下さい。

 

 

フレッツ光とauひかりのキャッシュバックキャンペーン

 

auひかり フレッツ光(西日本) フレッツ光(東日本)
33000円

 

プロバイダSo-netの場合

20000円

 

プロバイダQitの場合

なし

 

auひかりの場合は、プロバイダがどこであっても料金は変わりません。
ただし、キャッシュバックキャンペーンがあるのがSonetとBIGLOBEのみ。BIGLOBEが継続利用が条件で面倒なので、Sonetがおすすめです。

 

フレッツ光の場合、格安プロバイダQitの場合のキャッシュバック金額が20000円です。
OCNやYahooBBの場合は、月額利用料が1100円なので、Qitより高くなりますが、
キャッシュバック金額が、西日本の場合30000円、東日本の場合10000円と増額します。

 

■料金比較まとめ
auひかりとフレッツ光(西日本)の月額料金がほぼ同じですので、
キャッシュバック金額を考慮すると、フレッツ光よりauひかりのほうが料金的にはお得になりますね。

 

フレッツ光は料金体系が複雑・・・

auひかりは、プロバイダ、レンタル機器などの費用が含められたパック料金で表示されていますが、
フレッツ光は、プロバイダによって料金が違ったり、ネット利用に必要な機器のレンタル料金が含まれていなかったり、
トータル料金がなかなか計算しづらい面があります。
上記は、最低の料金を表示していますが、場合によってはもっと高くなってしまうケースもあるでしょう。

 

 

おすすめの代理店

 

フレッツ光を申し込む場合は、株式会社ラプターがおすすめです。
格安プロバイダQitの代理店でもあり、NTTから何度も表彰を受けている優良代理店です。

 

キャッシュバック金額も高いので、ラプターがおススメ!

 

ラプター

 

 

auひかりに申し込むなら、NNコミュニケーションズがおすすめ。
auショップなど公式キャンペーンに加えて、代理店キャンペーンとして高額キャッシュバックが受けられますので。

 

NNコミュニケーションズ