格安simの機能や仕組み

格安データ通信SIMの特徴

SIMカードとは、電話番号を特定するためのICカードですが、現在MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する格安データ通信SIMを用いたインターネット接続が注目を浴びています。MVNOはNTTドコモやau、ソフトバンクなど大手携帯通信会社から回線を借り受けてサービスをしますので、品質や繋がりやすさについては問題ありません。

 

なぜ格安simの料金は安いの?

低価格の理由ですが、音声通話などを省いてデータ通信のみにすることで、通信会社よりも低価格でサービスを提供することが可能となっています。他にも、通信の速度とパケット転送量に制限が設けられていることが多く、基本的にMVNOのプランには「転送量制限」が設けられており、その制限を超えた場合は低速な通信速度で通信しなくてはなりません。

データ通信SIMを利用したサービスを選ぶ際、データ量や通信速度を基に選択します。メールなどの文字情報を中心に利用する場合、1GB(ギガバイト)以下にすることで、より低価格のサービスを受けることができます。携帯通信会社のサービスの場合、上限が7GB程度か制限なしであることが多いですが、データ通信SIMの場合細かい刻みでサービス料金が設定されていますので、サービスメニューが多い会社を選択し、サービス契約後も定期的にデータ量を確認して、最適なプランを選択することをお勧めします。

 

また、データSIMにはSMS(ショートメッセージ)機能や電話機能の有無を選択できます。よりシンプルにインターネット通信を楽しむのか、SMSや電話などの利用をしたいのか、利用シーンを想定して契約しましょう。

 

データSIMが使える端末は、スマートフォンの他、USBモデム、WiFiルータ等があります。スマートフォンでは大手携帯通信会社と変わらない機能が使えますので、乗り換えも一つの選択肢です。パソコンなどデータ通信利用に限定する場合は、USBモデムかWiFiルータを選択します。いずれも持ち運びが便利で、自宅でも外出先でも使うことができますが、利用するインターネット端末が1台の場合はUSBモデムを、複数台で共有したい場合はWiFiルータを選びましょう。

 

申込みの際にはキャンペーンや特典情報もチェックしましょう。無料利用期間やポイント還元などが含まれておりますので、各社のWebサイトを確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連ページ

格安simでテザリングをしてインターネットを使い通信費を削減する方法
格安simを入れた格安スマホでテザリングをすることでインターネットを使うことができます。料金プランによっては格安で通信費を削減することができます。
格安simの特徴、メリット、使える理由はこれだ。
初心者の人でも簡単にインターネットを契約して快適なネットライフをサポートするサイトです。情報を入手するにあたり必要不可欠なインターネットライフを始めましょう!料金や契約方法などを解説!