公衆無線LAN(フリーwifi)サービスとは

公衆無線LAN(フリーwifi)を振る活用する

公衆無線LANの特徴

 

公衆無線LANとは、屋外でWiFi(無線LAN)を利用したインターネット接続を提供するサービスのことです。サービスを受けられる場所をWiFiスポットと呼びます。このサービスには無料のサービスと有料のサービスがあります。

 

無料の公衆無線LANサービスは特定の施設や公共交通機関、宿泊施設などで提供されることが多いです。また、接続時に広告やクーポン情報などが表示されることがあります。また登録したメールアドレス宛てに広告が送られてくるケースなども見受けられます。限定された場所のみでの利用であれば問題ありませんが、外出時に手軽にインターネットアクセスを求める方には適さない可能性があります。

 

有料の公衆無線LANサービスは、全国各地にあるアクセスポイントに接続してサービスを利用することができます。基本的には人が集まりやすい場所に設置されているため、携帯電話サービスの用に全国規模のカバー率は望めません。ただし、利用料金が数百円からと安価なため、通勤の途中や繁華街などでの利用を考えている方にとってはお得なサービスです。

 

公衆無線LANの登録は簡単♪

サービス登録すれば、すぐに使えるのも特徴です。無線LANの設定をするだけで利用可能となり、スマートフォンやパソコンなど無線LAN端末があれば、他に必要な機材はありません。簡単接続ツールなどが準備されていることが多く、それほどパソコンなどの機会に詳しく無い方もご利用可能です。

 

ローミング技術により、無線LANサービス提供会社の相互乗り入れが可能なため、カバーエリアが各社共通な場所が多くあります。また、携帯電話のようなパケット量の制限がないのが特徴であり、動画視聴やゲームなど大容量の通信を気兼ねなく利用することができます。

 

セキュリティについては、無線LANの暗号化技術が用いられており、一定のセキュリティレベルは保たれていますが、暗号化技術が使われていないことや、暗号強度の低い技術が使われていることがありますので、利用に際しては事前確認することをお勧めします。

 

利用シーンによっては、大変お得なサービスとして使えますが、かならずどこでも繋がるサービスではありませんので、補完サービスの位置付けとしてご利用する場合も多くあります。サービス可能な場所にはアクセスポイントであるサインが表示されていることが多く、ご自身の利用場所がWiFiスポットかどうかを確認してから契約をしましょう。

関連ページ

自宅でインターネットするならフレッツ光かauひかりがおすすめです
自宅でインターネットをするなら高速で安定した回線のフレッツ光が定番です。フレッツ光は固定インターネットシェアが断トツで1位。全国1800万人のユーザーを抱えている安定のインターネットサービスです。
フレッツ・ADSLでネット接続する際の特徴
フレッツ・ADSLはNTT東日本/西日本によるADSLサービスです。ADSLとは電話回線を用いるため安価なサービスが実現できます。インターネット通信は音声接続とは異なる周波数を用いるため、インターネット接続をしながら音声通話ができます。
ケーブルテレビ(CATV)のケーブルインターネット接続の特徴
ケーブルインターネットは、CATVインターネットとも呼ばれますが、CATVネットワークを利用して提供されるインターネット接続サービスです。地方のケーブルテレビ会社が提供しています。
無線インターネット接続するにはテザリングが最も安いです
デザリングとは、スマートフォンなどを親機として、パソコンやゲーム機器などの子機をインターネット接続させる機能のことをいいます。WiFi(無線LAN)のほか、USBやBluetoothなどを使い接続します。